ニュージーランド都市情報(北島編)

ケープリンガ
ニュージーランドの主要都市について簡単に紹介します。ここではオークランド以外の都市、町について特徴を簡単に書きます。ニュージーランドワーホリなどの参考にしてください。

Cape Reinga:
ニュージーランドの北の端の部分。灯台があり観光名所にもなってます。

Kaitaika:
Far North地方で大きな町、といっても人口5500人程度ですが、この街より北に行くと大きな町がないので、ここが北部の観光の拠点にもなります。

Kerikeri;
Far North地方最大の町。町自体は寄ってないです。
この街から東のビーチ沿いは観光地として小さな町がいくつかあります。

Kawakawa;
国道1号線沿いの比較的大きな町。

Mangonui;
ゴールデンビーチ、ビーチ全体が金色に光っている感じのビーチがありました。

Whangarei;
北部最大の都市で人口は5万人です。アジア人も少しいます。ジャパレスや、アジアンショップもあります。北部観光の拠点にできる町です。

Mardsdenpoint;
大きな工業団地みたいな所です。

Dargaville;
Whangareiから50km西に離れた町。

Wellsfrod;
Aucklandと、Whangareiの中間地点。ジャパレス1件あり。

Hamilton;
オークランドから南に130km離れている都市です。人口は21万人だそうですが、それにしても小さい街で、日本の地方の小都市みたいな感じだと思いました。

ハミルトンガーデンとか、ロトロア湖とか見る場所はありますけど、正直あんまり面白くなかったというのが僕の感想です。こじんまりしてて地味で、どこにでもある欧米の都市というそんな感じでした。アジア人やインド人など、白人以外の人種もそこそこいます。

ハミルトンとオークランドがあるおかげが、オークランドから南に200kmくらいは小さい集落があちこちにあって、NZの中では人口が密集しています。
幹線道路である国道1号線が部分的に、高速道路並みに整備されているんで、両都市間は2時間くらいで移動できます。

Taupo;
タウポ湖という北島最大の湖(日本でいう琵琶湖)を構える北島中部の都市です。人口は3万人。ここは湖が綺麗というそれ一言に尽きると思います。内陸で標高も高いんで、場所によっては雪が降るみたいです。

Rotorua;
人口は3万くらいだったかな。温泉で有名な街です。Taupoからはそんなに離れていません。

Wellington;
言わずと知れたNZの首都で、人口は39万人だそうですが、僕の印象として人口規模に比較して大きい街だと思いました。狭い平野に人口が密集しているのでそう見えるだけかもしれませんが、日本の都市でいうと神戸みたいな感じな雰囲気で、多くの観光客から評価の高い街です。
Te Aroという地区が中心のようで、ここに全部がコンパクトにまとまっている感じです。
アジア人やその他人種は少なく、ほとんど見かけません。南島へのフェリーターミナルは町中心部から離れています。

Te Aroはそういう特徴から、道が狭く一方通行が多いです。あと、ロードオブザリングのロケ地でもあるんですね。

サバーブには、PoriruaとLower Hutt, Upper Huttという都市があります。

Porirua
この中で、Poriruaは実際に町の中心部まで行きましたが、街並みも景色もきれいです。
海と山が接近していて、少ない平野部に建物が密集してて、周辺の丘に宅地が広がるという感じでした。

Palmerston North;
ウェリントンから130km北にある町。人口7万人。国道1号から外れてるんですが、そこそこ大きい街です。ガイドブックには市の図書館が面白いと書いてありましたが、よくわかりません。町は碁盤目の作りになっていて、綺麗な区間になっています。

Whanganui;

Palmerston Northから北に50km離れたところにある町です。国道3号線と4号線の分岐点。買い物で立ち寄っただけなので、特に印象はないです。

Tauranga;
人口12万程度の町。オークランドから200km南東にあります。
ここは、キウィーフルーツのピッキングが有名だそうで、オンシーズンは結構仕事があるそうです。

Napier&Hasting ;

2つ合わせて人口12万程度の双子都市です。ここはフルーツのピッキングで有名です。海外沿いのビーチも綺麗です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ